お問い合わせ

menu

0662450107

耳よりIT情報

RSS

知っているようで曖昧かも? そんなWEB用語を6つ解説

知っているようで曖昧かも? そんなWEB用語を6つ解説

WEB集客に力をいれはじめるとたくさんの英語が混ざった言葉が出てきますよね。分かるようで調べた事なかったかも・・・そんな言葉を解説します。

SEO対策

SEOとはSearch Engine Optimizationの(サーチエンジンオプティマイゼーション)略です。日本語にすると「検索エンジン最適化」を意味します。グーグルやヤフーで検索された時に、ホームページを見つけてもらえるよう、より順位を上げて露出を増やすために行う施策のことです。

リスティング広告

グーグルや、ヤフーなどの検索エンジン、またグーグルや、ヤフーが提携しているサイトへ広告を出稿できるサービスです。
テキスト(文字)でユーザーに訴求する広告と、バナーのように視覚的に訴求する広告と2種類あります。

IoT

最近特に聞く事が多いIoT。
Internet of Things(モノのインターネット)を意味します。これだけ聞いてもよくわからないですが、簡単に言うと、今までアナログだったものをインターネットと連動させる、加える事です。この、モノのインターネット化によって、生活やビジネスがより便利に良いものにかわるというところから、この言葉に関心が集まっているようです。

既にIoTの製品はこんなものが出ています。

  • スマート歯ブラシ
  • https://iotnews.jp/archives/17885
    自分のブラッシングがどれだけ歯科衛生士のブラッシングに近いかチェックできたり、
    朝の忙しい時間を有効活用できる「歯みがき中の3分間に、さまざまなニュースを読み上げるアプリ」との連携が可能。

  • 冷蔵庫
  • http://sinap.jp/blog/2015/08/iot4.html

    フルHDの液晶ディスプレイが付いて、Wi-Fi通信機能付。
    ストックされた食品の消費期限を教えてくれたり、足りなくなった食材を冷蔵庫のディスプレイからネットに繋いで注文する事も可能。

    今後も大注目のワードです。

ペンギンアップデート

SEO対策をしている方なら触れる機会のある言葉。抜け道を使って検索順位をあげようとするブラックハットSEO対策を施すサイトを取り締まる事を目的として、グーグルが検索ロボットの処理(アルゴリズム)に変更を加える事を「ペンギンアップデート」といいます。ペンギンアップデートは定期的に行われており、その度に大きな順位変動があります。

LP

Landing Pageランディングページの略です。
一般的に「LP」とはネット広告などに使うページで1つの商品に特化し、そのページで買ってもらう。またはアクションを起こしてもらうための一枚の長いページを指す言葉として、「LP」、「LP広告」などと使われる事が多いですが、意味としてはクリックしてサイトにアクセスしたときに最初に表示されるページの事です。

SSL/TSL

どちらもデータを盗まれたり、改ざんされることを防ぐためインターネットの通信データを暗号化する技術のことです。個人情報やクレジットカードの情報を安全にやりとりできます。WEBサイトのURLの先頭が「https」のページはこのSSL/TSLのセキュリティー機能が付いているページです。最近では、安全性の高いページとしてグーグルもサイト全体のhttps化を推奨しています。ちなみに弊社サイトも全ページhttps化しています。

まとめ

まだまだ山のようにあるWEB用語。間違った捉え方、使い方をしている人もいるかも・・・?
お客様よりご質問いただいたワードなどを参考に、今後もご紹介していきますね!

b-btn_common

ブログランキングバナー

この記事の評価:12345 (まだ評価されていません)

Loading...

SEOに強いホームページ制作 製作実績はこちら

SEO対策のセカンドオピニオン

SEO業者選びのお悩み解消! ホームページ、ECサイト無料診断受付中! SEO無料診断申し込み!

お問い合わせ

close