1. HOME
  2. ブログ
  3. 【Google広告】レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザでCTRとCVが上がった成功事例

【Google広告】レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザでCTRとCVが上がった成功事例

リスティング広告を運用しているお客様から、
「クリック率を改善させたい」
「CVをもっと増やしていきたい」
というご相談を頂くことがあります。

このような場合は、広告カスタマイザを設定することにより、CTR(クリック率)を改善し、CVを上げられる可能性があります。

今回の記事では、Google広告のレスポンシブ検索広告の広告カスタマイザでCTRとCVが上がった成功事例をご紹介します

Google広告の広告カスタマイザとは

Google広告の広告カスタマイザとは、広告で表示される広告見出しをキーワードごとに設定できる機能です。

この機能は、2022年6月30日に廃止となったGoogle広告の拡張テキスト広告で主に使用されていました。しかし、レスポンシブ検索広告でも広告カスタマイザを使用することができ、CTRとCVを上げることができます。

レスポンシブ検索広告と広告カスタマイザの違い

レスポンシブ検索広告の場合、広告見出しは15個までしか設定できず、AIが自動で1~2個の見出しを組み合わせて表示させます。
そのため、場合によってはキーワードと広告見出しがユーザーの検索意図とマッチしないケースが発生する可能性があります。しかし、広告カスタマイザでは、広告見出しをキーワードごとに設定することができるので、ミスマッチが起こりにくくなります。

レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを使用して成果が出たお客様の事例

Google広告のレスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを設定して成果に繋がった、エコキュートの販売・交換・取付のサービスを提供しているお客様の事例をご紹介します。

広告カスタマイザを設定した一例

上記が実際に広告カスタマイザを設定した一例です。
「エコキュート 最安値」の検索結果のユーザーに対し、「安いエコキュートをお探しなら 地域最安値を目指す●●株式会社」という見出しが表示されるようにしました。

結果

285個のキーワードに対し広告カスタマイザを設定し、使用後と使用前を比較しました。
すると、CTR・CVを改善させ、さらにCPA・CVRも改善させることができていることがわかりました。

Google広告のレスポンシブ検索広告の広告カスタマイザの設定方法

Google広告の管理画面にて、レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザの設定手順を解説していきます。

①Google広告の管理画面の右上にある「ツールと設定」を開きます。
②「設定」の列にある「ビジネスデータ」をクリックします。

③「ビジネスデータ」画面の左のタブの「広告カスタマイザ属性」を開きます。
④「プラスマーク」をクリックします。

⑤「データの種類」の「テキスト」を選びます。
⑥「属性」に広告カスタマイザの名称を入力します。
今回は「カスタマイザ001」「カスタマイザ002」と入力します。
⑦「作成」の青いボタンをクリックします。
⑧「カスタマイザ001」「カスタマイザ002」が登録されます。

⑨Google広告の管理画面に戻って、左のタブの「キーワード」→「検索キーワード」を開きます。
⑩「表示項目」をクリックします。
⑪「カスタム」の鉛筆マークをクリックします。

 

⑫「広告カスタマイザ属性」のタブに、先ほど登録した「カスタマイザ001」「カスタマイザ002」の項目が追加されているので、チェックをします。
⑬右の表示項目に「カスタマイザ001」「カスタマイザ002」が追加されます。
⑭「適用」マークをクリックします。

⑮Google広告の管理画面の「検索キーワード」の画面に戻ると、表示項目に「カスタマイザ001」「カスタマイザ002」が追加されています。
⑯キーワード毎に広告カスタマイザが設定できるようになっているので、「鉛筆マーク(編集)」をクリックします。

⑰「カスタム値を使用する」にチェックを入れ、テキストを入力し、「保存」をクリックします。
全てのキーワードにテキストを入力していきます。

⑱レスポンシブ検索広告の編集画面に移動し、広告見出しのテキスト入力欄に半角の「{」(波カッコ)を入力します。
⑲「広告カスタマイザ」を選択します。

⑳「属性」の入力画面が表示されるため、「カスタマイザ001」を選択し、テキスト入力欄に表示させたい広告見出しを入力します。
「カスタマイザ002」も同じ動作で設定していきます。

㉑広告見出しに「{CUSTOMIZER.カスタマイザ001:}」「{CUSTOMIZER.カスタマイザ002:}」の登録ができているか確認します。

以上でGoogle広告のレスポンシブ検索広告の広告カスタマイザの設定が完了です。

まとめ:どの広告アカウントでも有効だが、注意点もある

設定しているキーワードが少なく広告見出しのバリエーションが少ない場合以外は、広告カスタマイザを設定することは効果的です。

しかし、以下のデメリットもあります。
・キーワード1つに対し、広告見出しを2つ設定するので、作成に時間がかかる。
・キーワードの差し替えや割引・キャンペーンの切り替えが多いなど、広告文を頻繁に変更する予定がある場合はメンテナンスが大変なため不向き。

運用を開始してすぐの場合はキーワードや広告文を頻繁に見直す可能性がありますので、ある程度の期間を運用しアカウントが落ち着いたタイミングで広告カスタマイザを設置することが有効です。

Google広告の広告カスタマイザを設定したいけれど設定方法がわからない、自社の運用アカウントでも有効なのか確認して欲しいという企業のご担当者様は、無料診断も承っておりまので、お気軽にお問い合わせください。

広告カスタマイザやWeb広告についてのご相談はコチラ

UEJIMAKOU

ジュニアパートナー

UEJIMAKOU

お客様の目標達成を叶えるために! 誰よりもweb広告を愛し、ひたむきに向き合う広告バカ

座右の銘
「Curiosity(好奇心)」「Confidence(自信)」 「Courage(勇気)」「Constancy(継続)」

このパートナーの事例を見る▼

関連記事