1. HOME
  2. ブログ
  3. 【Google広告】コンバージョン獲得を目標とするP-MAXキャンペーンでの成功事例

【Google広告】コンバージョン獲得を目標とするP-MAXキャンペーンでの成功事例

P-MAXキャンペーン

Web広告をある程度長く運用しているお客様から、
「もっとCVを増やしていきたい」
「今まで配信できていなかったターゲット層からCVを獲得したい」
といったご要望をお受けすることがございます。

そんなときにおすすめなのが、Google広告の「P-MAXキャンペーン」です。
2021年11月から始まった広告プロダクトであり、コンバージョン獲得を目標とするキャンペーンとなっております。

今回の記事では、実際に弊社でP-MAXキャンペーンを使用して成果が出たお客様の事例をご紹介いたします

P-MAXキャンペーンとは

P-MAXとは、パフォーマンス・マックス(パフォーマンス最大化)の略で、コンバージョン獲得を目標としたキャンペーンです。
より多くの配信面で広告配信を行いたいと考えた場合、キャンペーンを1つ1つ作成すると時間を要し管理も大変ですが、P-MAXキャンペーンは1つで管理でき、なおかつGoogle 広告の全ての広告枠に配信が可能です。

また、機械学習により自動で最適化されることが大きな特長と言え、複雑な設定や調整が必要ないので、少ない工数で運用ができます。

一方で、これまでの広告キャンペーンとは異なり細かく運用調整ができる部分が限られるため、広告運用者が手を入れられる部分が少なく、広告の配信の大部分をGoogle広告の自動化にゆだねることになります。

そのため、条件次第では「細かな調整ができない」という点が、大きなネックとなり、期待していた成果を出せないという場合も出てきます。

P-MAXキャンペーン

画像引用元:Performance Max campaigns launch to all advertisers

P-MAXキャンペーンを使用する際の注意点

P-MAXキャンペーンを広告配信する場合、注意しておくべき特徴があります。

十分なCV実績が必要

機械学習とCVデータを活用し最適化が行われるので、アカウント全体のCV数が十分でない場合、その分学習期間やCV獲得までの期間は伸びる傾向があります。

細かな運用調整ができない

P-MAXキャンペーンは、除外キーワード登録や、オーディエンス、ユーザー属性での入札単価調整、広告文言ごとのパフォーマンスの確認と精査のような、細かな運用調整ができません。そのため、
・競合他社名での検索時に自社の広告が配信されないようにしたい
・若年層のユーザーには広告が出稿されないようにしたい
以上のような設定が必要な場合は導入が難しくなります。

P-MAXキャンペーンを使用すべきアカウントの特徴

先述した注意点に該当しない、CV実績が豊富で広告配信の制限が少ないアカウントであれば、P-MAXキャンペーンで成果が出る可能性があると考えられます。

特に、CV実績データが非常に重要で、多くのCVデータを蓄積している場合は、P-MAXキャンペーンの自動学習を早め、早期にP-MAXキャンペーンでのCV獲得に繋げられる可能性が高まります。

P-MAXキャンペーンを使用した事例

P-MAXキャンペーンでの弊社のお客様の実績で言いますと、検討期間をある程度要する商材・サービスで成果が良い傾向が見受けられます。
主な事例を2つご紹介します。

外国語スクールを運営しているお客様の事例

運用期間が10年以上と長く、様々なGoogle広告キャンペーンで広告配信をしていたお客様です。
さらに多くのターゲットへ広告配信したいというご要望を受け、P-MAXキャンペーンを開始しました。
最初の1か月で2件CVが獲得できたものの、P-MAXキャンペーン以外のキャンペーンのCPAよりも若干悪く、それほど大きな成果ではありませんでした。
しかしそれ以降、CVデータが蓄積し最適化が上手く進んだため、開始3ヶ月経過時点ではもっともCV獲得できるキャンペーンとなり、CPAももっとも良い数字で推移するようになりました。

美容商材・サービスを提供しているお客様の事例

Google広告でスマートショッピングキャンペーンを使用しておりましたが、2022年9月からP-MAXキャンペーンに自動切り換えとなることを踏まえ、先行してP-MAXキャンペーンに移行しておりました。
元々、CVデータを蓄積していたアカウントだったため、切り替えてすぐにCV獲得することができ、CVR・ROAS共に切り替え以前に比べて改善しておりました。

まとめ:CV実績のデータを蓄積することが重要

CV実績のデータが非常に重要なため、Google広告にて広告運用を開始してすぐの場合、P-MAXキャンペーンで成果を出すことが難しい可能性がございます。
そのため、最初の数か月はCVデータの蓄積期間として割り切って運用するか、もしくは他のGoogle広告キャンペーンでCV実績のデータを蓄積してからP-MAXキャンペーンをスタートさせることが有効です。

UEJIMAKOU

ジュニアパートナー

UEJIMAKOU

お客様の目標達成を叶えるために! 誰よりもweb広告を愛し、ひたむきに向き合う広告バカ

座右の銘
「Curiosity(好奇心)」「Confidence(自信)」 「Courage(勇気)」「Constancy(継続)」

このパートナーの事例を見る▼

関連記事