Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 85

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 88
【解説!】医療・病院で成果が出るリスティング広告のコツ|大阪SEO対策サポート - S&Eパートナーズ株式会社
Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 41

menu

0120339888

課題発見・無料診断はコチラ

SEO対策,ホームページ制作に迷ったら課題発見相談窓口へ!

    

リスティング広告コンサルタント

【解説!】医療・病院で成果が出るリスティング広告のコツ

【解説!】医療・病院で成果が出るリスティング広告のコツ

「集患(増患)が急務だが、なかなか思うように患者様が集まらない…。」
「リスティング広告を始めてみたが、思ったような成果が上がらない」
このようにお悩みではありませんか。
現在、多くの病院や診療所でリスティング広告を活用した集患方法が行われています。
そこで今回は、病院や診療所でリスティング広告を行う際に成果が出るコツについて解説させていただきます。
本記事を参考にしていただければ、リスティング広告において他院との差をつけることができるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

病院におけるキーワードの選定方法

まず、リスティング広告を出稿する際に、大切なことはキーワードの選定です。このキーワードの選定が広告出稿の成否を決めると言っても過言ではありません。そのため、反響に繋がりやすいキーワードを探して設定することが重要です。

反響に繋がりやすいキーワード

まずは最低限意識しておきたいポイントからご紹介します。
■「病名+地域名」,「病名+地域名+病院」
Googleの検索画面で病院を探すとき、ほとんどのユーザーは、自宅や職場に近い病院を探す傾向にあります。通院しやすい病院やちょっとしたスキマ時間に通うことができる病院を探すからです。
そのため、広告を出稿する際には、「病名+地域名」といったキーワードで設定することをおすすめいたします。
例:「椎間板ヘルニア 大阪市」「椎間板ヘルニア 大阪市 病院」

専門分野+病院、症状名+病院
病院に通う際は、専門的な知識を持ったお医者様の元で医療を受けたいと思われる方がほとんどです。そのため、「専門分野+”病院”」といったキーワードを設定することで成果が出やすい傾向にあります。

また、「症状名+病院」といったキーワードで検索をおこなっているユーザーは、今まさに病院を探しており、この後受診する病院を選定している段階だと推察されます。
「専門分野+”病院”」や「症状名+”病院”」のようなキーワードで検索をしているユーザーは来院の見込み度が高いため、キーワードに設定をすることで、反響に繋がりやすいです。
例:「胃カメラ 病院」「脳梗塞 病院」

図1

これらのキーワード選定に加え、配信エリアも考慮する必要があります。
配信エリアに関する記事はこちら!

反響に繋がりにくいキーワード

「症状」のみ
「頭が痛い」や「目が痛い」といったキーワードを設定されている広告運用者様もいらっしゃるかと思います。しかし、このようなキーワードの背景は、ユーザー自身の今の症状を知りたくて、検索をおこなっている可能性が高いです。SEO対策では有効なキーワードですが、広告運用の目線では、なかなか反響に繋がりにくく、無駄に広告費を使ってしまう恐れがあるキーワードです。もし、設定されている場合は、停止することをおすすめいたします。

また、リスティング広告では、いかに反響数を上げて、費用対効果を高めていくかが運用していくうえで鍵となりますので、今の運用で反響につながっていない且つ費用を消化しているキーワードは停止をし、最低でも週に一度はキーワードの見直しをお勧めします。

病院における広告文の作成のコツ

出稿するキーワードが決まったら、次は広告文です。一口に広告文といっても、病院や診療所の場合は、医療広告ガイドラインや媒体の掲載基準など気を付ける必要があります。ルールを守りながら、以下のことを踏まえて広告文を作成すると、成果の上がる広告文を作成することができるので、ぜひ参考にしてください。

症例数や今までの実績を書く

広告の配信をするうえで、大切なことはユーザーの目に留まることです。そのためには興味を引く内容やユーザーが安心できるような内容を広告文に落とし込み、「あなたのお困りごとを解決できます」とベネフィットを提示することが重要です。ベネフィットの内容は、今まで処置してきた症例数や満足度などの実績をベースに訴求すると良いでしょう。

図5

病院の場所がわかるように記載

先ほどの反響が出やすいキーワードのところに「病名+地域名」といったキーワードを設定すると良いですよ!とお伝えいたしましたが、広告文においても病院の場所が分かるように記載することをオススメいたします。病院がある地域名を具体的に広告文に入れることで、その地域で病院を探しているユーザーにとってわかりやすい表現となり、クリックされる可能性が高くなります。

受付時間や曜日などがわかるように記載

「24時間WEB予約可能」や「土日も診療可能」といった表現は、病院の利便性を表しておりユーザーにとっての有益な情報となります。
弊社が広告運用をおこなっている病院のアカウントでも、実際に検索されているキーワードを分析したところ、「症状名+日曜日 診療」のキーワードで広告が表示されていたため、ユーザーは週末に受診できる病院を探していたと推察することができます。

Google広告では、ユーザーが実際に検索した語句を見ることができるので、その検索語句を参考に広告文を作成するのも有効な手段です。

まとめ

いかがだったでしょうか。本日は、「医療・病院で成果が出るリスティング広告のコツ」について解説をさせていただきました。今回の記事で、リスティング広告での大切なポイントは、ご理解頂けたかと思います。ただし、運用には細かいテクニックやまだまだお伝えできていないポイントがたくさんございます。なので、この機会に弊社がおこなっている広告アカウントの無料診断を受けていただけたらと思います。
無料診断フォームからお申し込み頂けましたら、広告アカウントのオススメの構成や反響に繋がりやすいキーワードなどのご提案を無料でさせていただきます。
お電話・ZOOMにて口頭にて詳しくご説明することも可能ですので、下記のリンクからお問い合わせください。ここまでご覧いただきありがとうございました。

広告アカウント無料診断してみる

来店できるSEO対策窓口・無料相談・見積もり 先ずは課題を発見します。ご相談はこちら!

この記事の評価:12345 (まだ評価されていません)

Loading...

医療メディカルSEO対策

Webマーケティング 顧問プラン

高品質取材型ライティング・コンテンツ作成サポート

SEOに強いホームページ制作 製作実績はこちら

MEO対策 Googleマップで集客力アップ! 完全成果報酬

安くて早い!一律2,980円でバナー作成

SEO対策のセカンドオピニオン

お問い合わせ

 

close