お問い合わせ

menu

0662450107

集客に強いホームページを作りたい!そんなお客様必見!集客用HP制作 キャンペーン実施中!今だけ1ヶ月SEO対策無料

SEOノウハウ

RSS

直帰率が高くなる3つの原因と具体的改善方法

直帰率が高くなる3つの原因と具体的改善方法

突然ですがあなたのサイトの直帰率、ご存知ですか?直帰率が高くなる原因を改善し、Webサイトの質を上げる方法を解説します。

直帰率と離脱率の違い

混同されがちな、直帰率と離脱率ですが厳密には全く違う意味を持ちます。
離脱率とは「同じサイト内の全てのページビューのうち、ユーザーがそのページを最後に閲覧した割合」のことを言います。




直帰率とは「特定のページのセッション数」を基準としているのに対し、離脱率は「サイト全体のページビュー数」を基準にしています。
直帰率を分かりやすく言うと「そのサイト内の1ページだけを見ただけでサイトを離れてしまった数」


サイトの直帰率はGoogleアナリティクスで調べることができます。
気になる方は以下の記事をご覧ください。
【10分でホームページの状況が分かる!!アクセス解析サービス】
サイト内のほかのページと比べて直帰率が高いページを見つけたら、原因を特定した上で、直帰率を改善するための対策を行いましょう。

直帰率が高い原因は多々ありますが以下のような3つが大きな原因として考えられます。

コンテンツの内容が訪問者のニーズに合っていない

訪問者が期待していた情報とページの内容がマッチしていないと、訪問者は短い滞在時間ですぐに閲覧を中断(直帰)します。
コンテンツのタイトルや見出しが、内容とズレていないかどうかを確認し、必要であれば修正をして、直帰率を改善しましょう。

他ページへの導線が分かりづらい

最後まで読み終えても、次のページへのリンクが表示されていなかったり、デザインにばかりこだわりすぎてリンクがわかりづらいと、訪問者は次のページへ移動することをあきらめてサイトを離脱(直帰)してしまいます。ページへのリンク(内部リンク)は、しっかり目立つようにして、かつ適切なコンテンツへのリンクを貼りユーザーの直帰を防ぎましょう。

その1ページの内容だけで満足してしまった。

1ページ内の情報量が多く、そのページだけで訪問者が求める情報が十分に得られるようになっていると、ユーザーは読み終えた時点で満足して直帰してしまうことがあります。
ユーザーにとっては良いコンテンツでも大半のサイトではコンバージョンに繋がらないと意味がないですよね?平均滞在時間が長くても直帰率が高い場合は、このケースに当てはまる可能性が高でしょう。

直帰率の具体的改善方法

直帰率を改善するための対策としては、以下の3つがよく挙げられます。

コンテンツやキーワードの見直しと変更

訪問者の検索ワードを分析してニーズを予測し、そのユーザーの期待に応えられるような情報を追加するなどして、コンテンツの充実化を図り、直帰率を改善しましょう。
タイトルやディスクリプション、の見直しも定期的に行い、ページの内容を変化するニーズにマッチさせていけば、直帰率が改善されます。

導線の強化

直帰率を改善するためには、サイト内の別ページに適切に内部リンクを設置しサイトを回遊させるための導線の強化を図りましょう。
関連性の深い別ページへのリンクをユーザーにわかりやすいところに貼るという工夫も直帰率の改善にかなり効果的です。

モバイルフレンドリーやAMP対応をする

現在では多くの人がスマートフォンからサイトを観覧するようになり、スマートフォンユーザーに配慮したサイトにすることが重要であるとGoogleも発表しています。
「モバイルフレンドリー」(スマートフォン最適化)や「AMP」(モバイルページ高速表示)の導入などの対策を行い、ユーザーが見やすいサイト作り、直帰率の改善を行いましょう。

まとめ

今回上げた以外にも様々な施策はありますが、それをすべて自社で行いユーザーに支持され、成果の上がるWebサイトに育てるには大変な人的労力が必要となります。

Web集客に力を入れたいが何から手をつけるべきかわからない、忙しくて手が付けられない。
とお悩みの中小企業の経営者様、web担当者様は是非一度S&Eパートナーズにお問い合わせ下さい。

貴社サイトの問題点を解決し、ユーザーに支持され、成果の上がるWebサイトに育てていきましょう。

この記事の評価:12345 (まだ評価されていません)

Loading...

SEOに強いホームページ制作 製作実績はこちら

SEO対策のセカンドオピニオン

SEO業者選びのお悩み解消! ホームページ、ECサイト無料診断受付中! SEO無料診断申し込み!

お問い合わせ

close