menu

0120339888

課題発見・無料診断はコチラ

SEO対策,ホームページ制作に迷ったら課題発見相談窓口へ!

SEO対策方法・ノウハウ

RSS

SEO対策とリスティング広告の併用をオススメする5つの理由

SEO対策とリスティング広告の併用をオススメする5つの理由

本日は、SEO対策とリスティング広告を併用することのメリットを、5つに分けて解説いたします。
お客様からの「SEOとリスティング、どっちの費用対効果が良いの?」「両方やったほうが良いの?」とご質問を頂くことは、少なくありません。このご質問には、そろそろ終止符を!と思っております(笑)

SEOとリスティングは似て非なるもの。得ることができる効果が異なるため、比較することそのものが難しいです。また、費用対効果・相乗効果・リスクヘッジ、様々な観点から見ても、併用をおすすめします。

検索ユーザーからすれば、広告枠も自然検索結果も、どちらも関係ありません。広告枠だからクリックしたくないという心理も確かに存在しますが、「本当に得たい情報がそこにある」とユーザーが考えている場合は「広告枠だから」というブロックは消えてしまうのが現実です。
ぜひ、SEOとリスティングを併用いただき、効率よく新規顧客獲得を実行いただければと思います。どちらが良いのかな?と悩んでいる間に、ライバルが、じゃんじゃん顧客を持っていっているかもしれません。

メリット1-新規アクセスの流入経路の増加

新規アクセスの流入経路は、デジタル・アナログ問わず、可能な限り多くの経路を持っておきたいものです。

デジタルマーケティングの場合

デジタルマーケティングの場合でしたら、次のようなものが考えられます。地域密着型ビジネスや店舗・来店型ビジネスの場合でしたら、Googleマップ検索や食べログ・ホットペッパーなど、大手検索サービス・ポータルサイト広告なども加わります。

  • SEO対策
  • リスティング広告
  • 純広告
  • SNS
  • オウンドメディア、その他

ユーザーは、様々な場面で貴社を知り、ウェブサイトに訪れます。そもそもが「SEOだけ」「リスティングだけ」という2元論で考えていると、費用対効果の良い見込み客獲得方法の発想ができなくなります。

最も恐ろしいのは「SEOだけ」「リスティングだけ」の新規アクセスに依存している場合

「SEOだけ」に新規アクセスを依存している場合、何が恐ろしいのでしょうか。そのうちの一つは、Googleアルゴリズムアップデートなどによるアクセスの激減です。

「あれ?最近問い合わせ減ってない?」と思い、アクセス解析を開いてみたら、アクセスが百分の一以下になっていた…ということが現実に起こっています。

リスティング広告も同様です。ライバル企業が、急激にクリック単価を上げにかかったせいで、「ある日突然にクリック単価が2倍超」となることもありえます。こうなると、新規顧客獲得コストが一気に2倍超に膨れ上がります。

一つへの依存の恐ろしさ・リスクの高さが分かると思います。

アナログマーケティングの場合

電話帳や看板など、効果が落ちているものもありますが、創意工夫によっては未だ効果があるものあります。ターゲティングを意識した看板やFAXDM。ポスティングやDM、名刺の裏にコピーを書いて説明するなど、地道な活動。また口コミ・紹介の依頼なども重要です。多くの見込み客が、貴社に興味をさらに強く持ったときに、検索をしウェブサイトに訪問します。こちらもSEOやリスティング以外に力を入れておくべきでしょう。

メリット2-潜在層段階の見込み客は、SEOでないと獲得できない?

「肩こりが酷いなあ」とふと思った見込み客のアクセスを獲得したい。「業務効率の悪さをなんとか改善したい」と、何か改善方法を知りたいと考えたユーザーに訴求するには、実はリスティング広告はSEOと比較すると、向いていません。

そもそもですが「情報収集段階のユーザーが検索するワード」では、広告枠がないことが多いのです。あっても下部への表示に抑えられます。次の検索結果をご覧ください。

「肩こり 原因」の検索結果

この場合、広告枠は上部に表示されず、下部のみです。

「肩こり 原因広告枠がない検索結果」の検索結果

「業務効率 改善方法」の検索結果

この場合、広告枠は上部・下部共に表示されていませんでした。

広告枠がない検索結果

SEOをしないと情報収集段階の見込み客とは接触できない!?

見込み客は情報収集をし、吟味し行動をする以上、SEO対策を実施しておかないとその段階のユーザーとは出会えないことがわかります。信頼関係の構築の第一歩は、接触頻度の向上です。何度もウェブサイトに訪問してもらおうと思えば、SEO対策を十分に行い、ブックマークしてもらえるようなコンテンツを作ることが重要です。これはリスティング広告では出来ない・難しい芸当です。

メリット3-検索結果占有率のアップによるクリック率向上

リスティング広告枠・自然検索結果枠(SEO)、共に表示されている方が、クリック率が上がることは想像に難くないと思います。実際に有名メディアや大手企業の調査により、結果が出ていますので、根拠はそちらでご確認ください。

SEOが絶好調でもリスティング広告を買うべき理由 (by Google)

web担当者フォーラム…リスティング広告とSEOの連携で生み出すコンバージョンとロイヤリティの幸せな旅

少々主旨が異なりますが、後は単純に検索結果の占有率が上げることで、見せたくない情報を少し目立たなく出来ます。弊社リスティング広告専門サイトで紹介しておりますので、こちらもご覧ください。

メリット4-検索クエリ≒見込み客の心理を知ることができる

これは、リスティング広告の大きすぎるメリットです。自然検索からの流入キーワードは、Googleサーチコンソールを活用しても、もはや全容を知ることはできなくなっています。コンバージョンしたユーザーの検索クエリ(検索ワード)は、リスティングの管理画面から情報を得る他なくなりました。心理を知って次の手を打つには、リスティング広告が欠かせません。

メリット5-「今すぐ客」=最も利益になる見込み客の獲得効率アップ

「今すぐ○○したい」という心理段階になった見込み客にとっては「広告枠・自然検索枠」という区別が最も無くなり、上から順番にクリックするかどうかを判断していく傾向が強いです。この層の獲得は逃したくありませんので、リスティング広告の出番になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これで終止符を打つことは出来たでしょうか…。他にも併用をオススメする理由はありますが、まとめますと次のとおりです。

  • 潜在層の見込み客は、SEOで獲得し、何度も接触する
  • 顕在層(今すぐ客)は確実にリスティングで刈り取る
  • リスティング広告の分析結果より、検索ユーザーの心理を知り、効果的なSEO施策・リスティング広告施策を検討する
  • SEO・リスティングの二元論から脱却し、アナログマーケティングまで、新規アクセス獲得経路を広げていく

何かに偏らず、バランス良くお考えいただき、費用対効果を追求いただきたいと思っております。10代20代のように「検索さえしない層」も存在しています。今は必要なことは柔軟な思考ではないでしょうか。

見込み客を効率的に獲得したい。SEO・リスティングの併用が良いことは分かったが、具体的な進め方がわからないという場合は、ぜひ弊社の無料相談窓口をご利用ください。現状の課題を整理し、最適なSEO・リスティング併用方法を提案いたします。

来店できるSEO対策窓口・無料相談・見積もり 先ずは課題を発見します。ご相談はこちら!

この記事の評価:12345

Loading...

この記事の筆者

黒田 大作

保有資格は、リスティング広告各種・GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)。Webライティング能力検定1級等。Webマーケティング業界歴12年。SEO対策、リスティング広告、アクセス解析等のネット集客総合サポート担当です。スポーツ医学検定(初級)・全日本空手道連盟三段・高校保健体育教員免許など実務外の免許・資格も有り。 2019年個人目標は「Web解析士・セールスライティング資格取得」「ウルトラマラソン100km完走」「ベンチプレス100kg超え再チャレンジ」「体重61kgに減量」「180度開脚」を達成し、24時間戦える頭脳と身体を目指します。

Webマーケティング 顧問プラン

高品質取材型ライティング・コンテンツ作成サポート

SEOに強いホームページ制作 製作実績はこちら

MEO対策 Googleマップで集客力アップ! 完全成果報酬

安くて早い!一律2,980円でバナー作成

SEO対策のセカンドオピニオン

お問い合わせ

close