BLOG

SEO対策・ブログ投稿代行・ライティング
2017/02/24

SEOライティングで絶対にやってはいけないこと


SEO対策・ブログ投稿代行・ライティング
SEOライティングで絶対にやってはいけないこと

SEOを意識したライティングを行われる方へ

サイトやブログにSEOを意識した記事を投稿して、アクセスアップを狙いたい!この記事は、そんな思いで日々執筆活動に取り組む方に向けられたページです。

もしもあなたが時間と労力をかけて作成されているブログ記事が、意図的かそうでないかに関わらず、SEOに全く貢献していなければ、または他人に迷惑をかけることになっているとしたら、どうしますか?
そのような不安は、最低限抑えておくべきSEOライティングのポイントと、「SEOで絶対にやってはいけないこと」知っていれば無縁のものとなります。

今回は、SEOライティングの5つのNG行動をお伝えいたします。

SEOライティングで絶対にやってはいけないこと

NGレベル1:推敲なしの文章を投稿する

執筆した文章は必ず推敲するようにしましょう。今日完璧にかけた!と思っていた文章でも、翌日見返してみると穴があったり意味が分かりにくい文章になっていることも多々あります。基本は、一日文章を置いてみる、ということが大切です。

NGレベル2:最低限抑えるべきSEOのポイントを忘れる

狙いたいキーワードが「タイトルタグ」や「メタディスクリプションタグ」に一つも入っていない記事は、いくら素晴らしい記事を執筆しても検索エンジンの上位に表示される可能性は極めて低くなります。
その他にも、記事の文中に「不自然にならない範囲内」でキーワードを散りばめることもSEOライティングの必須事項です。

これら最低限抑えるべきポイントをしっかりと実行することで、上位化達成できるかどうかという点に大きく影響します。

NGレベル3:Googleを騙すための文章を書く

SEOで記事を上位に表示させるために、Googleを騙すような手法が横行している時期がありました。
例えば、文中のキーワード出現率を無理やり増やすために「隠しテキスト」を利用したり、非常に小さい文字で文章を大量に追加するなどです。
そのようなブラックな手法で上位化が出来ていた時期がありましたが、Googleの人工知能が発達した昨今では無意味です。
あくまでもGoogleに好まれる、有益な情報を発信する文章を書く必要があります。

NGレベル4:他人の記事や文章を「パクる」

他のサイトやブログから記事をコピペして、まるで自分が作った文章であるかのようにブログに掲載することは、モラル的にも法律上もNGです。
「丸パクリではなくて、参考程度にリライトさせてもらうくらいならいいんじゃないの?」と思われたあなた。
確かにリライトされた文章は、深刻なペナルティの原因にはならないかもしれませんが、
世の中にありふれたような文章はSEO的にプラスにもマイナスにもなりません。ただただインターネット上に「ガラクタ」として存在するのみです。

NGレベル5:ユーザーのこと満足度・利便性を度外視した記事を書く

SEOを意識しすぎて、キーワードを不自然に詰め込みすぎた文章にはなっていませんか?
記事の「数」を稼ぐために、文章の読みやすさや分かりやすさを忘れてはいませんか?
SEOライティングで最も重要といっても過言ではないのが、ユーザーのことを第一に考えた文章を書くことです。
内容はもちろん、文調や理解しやすさもチェックしておきましょう。

最も重要なのは「愛情」のある文章を書くことです!

くさいセリフのように聞こえますが、SEOライティングにおける神髄は「読み手に対する愛情をいかに示すことか」であると考えています。
なぜなら、SEOの順位を決定するGoogleは誰よりも、読み手である検索ユーザーを大事にしているからなのです。

ユーザーに対して愛情をこめて、出来る限り役に立つ、満足させるという気持ちでライティングすれば、おのずとSEO効果も高まります。
また、自分以外のライターに対する愛情も忘れてはなりません。インターネット上で人気の記事は、いずれも自分以外のライターがユーザーへの愛をこめて作成した記事ばかりです。

その点を意識すれば、安易に他人の記事をコピー&ペーストするなど出来ないはずです。
皆さんは決して、SEOライティングの最大のNG行動「愛情を忘れる」ということのないように気を付けてください。

ライティングベスト

webマーケティング・SEO対策相談窓口


ブログランキング

この記事の筆者
月別アーカイブ
タグ別の記事一覧

必ず結果が出る!

“顔の見えるSEO会社”がコンテンツでアクセスアップをお約束します。