お問い合わせ

menu

0662450107

SEO対策について

RSS

論より証拠!「SEO」と検索して、自社サイトが13位になりました。

論より証拠!「SEO」と検索して、自社サイトが13位になりました。

まずは、この長・・・・・い画像をご覧下さい。

いったい何の画像か・・・下までご覧頂かないと分かりませんが、今回はお付き合い願います。

SEO検索結果_2015年12月30日

弊社サイトの「SEO」の検索順位が13位に入りました。

長・・・・・い画像で失礼しました。「SEO」と検索した際の自社サイト順位が13位(2015年12月30日現在)になりました。

SEO会社のサイトは上位表示されにくい?

上から順番に確認すると分かるのですが、SEO会社のサイトは殆ど表示されていません。1~5位のサイトを見てみますと、全てが「SEO対策やその周辺のノウハウを提供しているサイト」です。

  • 1位…当たり前感のあるウィキペディア。
  • 2位…言わずと知れたルーシーさん運営の「バズ部」。Webマーケティングのノウハウを提供。
  • 3位…IT用語辞典。私個人的には「そうきたか」という感じ。
  • 4位…SEO大手・ナイル(旧ヴォラーレ)さんの、SEO等のノウハウ提供メディア。
  • 5位…SEOチェキ!Webマーケッターなら誰もが知っている無料&便利ツール。私も毎日チェキってます。

Googleが考える「完璧な検索エンジン」の定義

Googleは検索したユーザーの知りたい「答え」を検索結果に表示することを追求しています。Googleの本体サイトから引用すると、以下の通りの言葉が記載されています。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。」

「SEO対策」と検索したユーザーは「SEO対策とは何なのか知りたい」「SEO対策やWebマーケティングのノウハウを得たい」という意図で検索しているだろうと、Googleは想定しているということでしょうか。そうなるとSEO会社のサイトの順位が低くても納得がいきます。自社の商品・サービスの情報を発信している「SEO会社のサイト」よりも「SEO等のノウハウ・情報を発信しているサイト」を上位表示させたほうがユーザーは満足します。ちなみに、札幌のSEO会社「ディーボさん」が8位にランクインし、SEO会社のサイトとしては1位表示なっています。

つまり、SEO会社のサイトは上位表示されにくい

ここまでは、前振りでした・・・。検索キーワード「SEO」で、SEO会社のサイトが上位に表示される事が困難で有る事、お解り頂けたと思います。

BIGワードの上位化よりも地域検索等の複合ワード=集客に効果があるキーワードが大事

論より証拠。技術力の証明ということで「SEO対策」で上位を狙っていますが、ある意味、そこに心血は注いでいません。弊社の商圏である大阪で集客をするため「SEO対策 大阪」等に力を入れ「大阪 SEO」で1位。「SEO対策 大阪」で2位。「大阪 SEO対策」で3位となっています。商圏での上位をほぼ独占し、その次の段階として「全国キーワード」である「SEO対策(ビッグワード)」が上位に上がったという事実をお伝えしたいのです。ビッグワードはブランディングにはつながりますが、反響獲得という点での「費用対効果」は良いとは言えません。
※「SEO対策」での18位へのランクインは、3年かけてコツコツとサイトを育ててきた我々への、Googleからのご褒美と考えております。

まずは地域キーワード、複合ワードから対策を

S&Eパートナーズでは、商圏で上位独占、複合ワードで上位表示を実現することを最も重視しています。売上を上げるなら先ずは地域一番を実現しましょう!S&Eパートナーズが御社サイトを確りと上位化に導きます。SEO対策のキーワードのご相談は無料です!ご予約はこちらからどうぞ!

この記事の評価:12345 (まだ評価されていません)

Loading...

この記事の筆者

黒田 大作

SEO対策、リスティング広告、アクセス解析等のネット集客総合サポート担当。地道にコツコツ積み重ねることと、勤勉であることをモットーに!

SEOに強いホームページ制作 製作実績はこちら

SEO対策のセカンドオピニオン

SEO業者選びのお悩み解消! ホームページ、ECサイト無料診断受付中! SEO無料診断申し込み!

お問い合わせ

close