BLOG

SEO対策方法・ノウハウ
2021/01/15

ドメインパワーがSEOに及ぼす影響は?良質なコンテンツの重要性について


SEO対策方法・ノウハウ

「サイトのドメインパワーがSEOにどのくらい影響があるのか」
「ドメインパワーが弱いが、SEO対策で成果を出したい」

上記のように、サイトのドメインパワーやSEO対策についてお悩みではないでしょうか。

結論から申し上げますと、ドメインパワーはSEOに影響致します。ただし、ドメインパワーだけでSEO対策が決まるわけではございません!SEO対策ではコンテンツの中身が重要となります。

本記事ではドメインパワーを強くする方法や注意点だけでなく、弱かった場合のSEO対策についても解説しておりますので、是非最後までご一読ください。

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、ドメインオーソリティとも呼ばれ、サイトが検索エンジンからどのくらい評価されているか示す指標です。
MOZという無料ツールを使って「Moz Pro」の項目から「rootdomain」の欄にURLを入力することで、「Domain Authority」という項目で確認することができます。

ドメインの運用年数や、外部リンクの質と数その他様々な指標によって評価されます。
そして、googleが推奨する正しいサイトの運営を続けていれば自然と強くすることができるため、ドメインパワーだけを過剰に気にする必要はありません。

ドメインパワーがSEO対策に及ぼす影響

ドメインパワーはSEOに一定の影響を及ぼしますが、決定的な要因ではありません。必ずしも、ドメインパワーが強いからといって上位化されるとは限りません。
しかし、ドメインパワーが強いサイトは弱いサイトと比べて、新規でページを作成した場合、上位化しやすい傾向にあり、クローラーの巡回頻度も高まることは事実です。
次の項目では、ドメインパワーを強くする方法や注意点についてご説明致します。

ドメインパワーを強くする方法

ドメインパワーを強くするために、次の4つの方法をご紹介いたします。

  • 外部リンクの獲得
  • コンテンツの追加
  • サイトの更新頻度を多くする
  • サイトを継続的に運用する

上記の方法でドメインパワーを強くすることができます。外部リンクは他サイトから自然に被リンクを獲得することでドメインパワーを強くする効果があります。さらに、ブログやコラムなどを定期的に投稿する事で、更新頻度を保つことができます。それを継続していく事でドメインパワーを強化していくことができます。

ドメインパワーを強化する際の3つの注意点

ドメインパワーを強化する方法を紹介致しましたが、その対策を行う際の注意点もございますのでこちらで解説いたします。

不自然なリンクの設置

外部リンクを得ることでドメインパワーの強化につながりますが、不自然な外部リンクはGoogleからのペナルティの対象になります。

※詳しくはGoogleのガイドライン参照

外部リンクは正しく行えば効果的な施策ですが、自作自演での外部リンクやGoogleからの評価が低いサイトからの外部リンクはペナルティ対象となることがあり、順位が下がることが可能性があります。こういった理由からS&EパートナーズのSEO対策では、内部対策や高品質なコンテンツの追加を中心とした対策を行っております。

内部対策や外部対策については「SEO対策とは?その本質と上位表示に必要な思考法や具体的な実践内容をご紹介」にて詳しくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

コンテンツ重複

また、自社サイトまたは他サイト内に重複コンテンツが存在することも、ペナルティの対象になります。重複コンテンツは他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツと「Google検索セントラル(ガイドライン)」で定義されております。

テーマの重複に関してはGoogleが無料で提供しているGoogleサーチコンソールというツールを使用することで確認ができます。重複しているページがあれば、すぐに統一しましょう。

サイトの更新に関する注意点

サイト内のコンテンツの更新頻度を高めることもドメインパワーを強くするために効果的ですが、目的を持たず更新するだけでは効果はほとんどありません。
更新する際はのポイントは、サイトの利便性の向上やユーザーにとって有益な情報を追加していくなどの、ユーザーファーストな更新を行うことです。

サイトの更新については「サイト更新頻度とSEOの関係性とは?効果的な更新方法を4つ
ご紹介!」
にて詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

内部対策を行いサイトのコンテンツを良質にすることがSEO対策では重要

ドメインパワーの強めていくことは大切ですが、強めるためには、外部リンクや運用年数といったすぐに対策できない項目もございます。ドメインパワーはSEOに影響を及ぼしますが、ドメインパワーが弱かったとしてもあきらめる必要はありません。

コンテンツの品質が良ければ、ドメインパワーが弱いサイトでも、ドメインパワーが強いサイトのコンテンツより上位化することもあります。

Googleが評価する指標は非常に様々です。外部リンクや運用年数といった指標は、すぐに対策することが難しいので、その他の指標を評価してもらうために、SEO対策をしなければなりません。その指標を知るためにオススメなのがSEOの無料診断です。あなたのサイトを競合他社と比較、分析し、改善点を無料で診断いたします。是非ご利用ください。

SEO対策無料診断はこちら

まとめ

SEO対策にとってドメインパワーは重要ですが、それだけで上位化するとは限りません。SEO対策で上位化するためにはサイトに様々な内部対策をして、コンテンツを良質化し続けることが大切です。S&Eパートナーズでは様々な業種にてSEOの成功事例がございます。それらの実績や経験を基に、上位化のための様々な施策をご提案することが可能です。SEO対策会社を探しているという方は、ぜひS&Eパートナーズにお問い合わせください。しっかりと上位化を目指してサポートいたします。

S&EパートナーズのSEO対策の詳細はこちら

関連記事
ホームページの検索順位を上げる方法とは?3つの事例を含めて徹底解説!
SEO対策の効果が出るまでの期間は?SEO対策専門企業の事例を紹介

この記事の筆者
月別アーカイブ
タグ別の記事一覧

必ず結果が出る!

“顔の見えるSEO会社”がコンテンツでアクセスアップをお約束します。