BLOG

リスティング広告
2022/09/30

《中小企業必見》リスティング広告代理店を選ぶ時に確認したい3つのポイント


リスティング広告
《中小企業必見》リスティング広告代理店を選ぶ時に確認したい3つのポイント

企業がリスティング広告を代理店に外注しようと考えた場合、
「自社と相性が合う代理店に依頼したい」
「決められた予算内に抑えないといけない」
「実績のある広告運用会社に依頼したい」
など、様々なご希望を持たれるのではないでしょうか。

リスティング広告運用の内容や料金は、Web広告代理店によって様々異なります。
正直なところ、同じ広告運用費であっても運用者の実力や運用方法によっては、成果が全く違ってくる場合もあります。
したがって、代理店選びは成果を出すための重要なファーストステップと言えます。

今回の記事では、リスティング広告代理店を選ぶ時に確認したいポイントを3つに絞って解説していきます。

【ポイント1】リスティング広告代理店の対応可能範囲を確認する

事前に依頼するリスティング広告代理店の概要や実績を確認することは勿論ですが、依頼した後の内容も確認しておくことをおすすめします。

取扱いのWeb広告のバリエーションは豊富か

リスティング広告以外にもWeb広告は多くの種類があり、最近ではInstagramやFacebook、LINEなどのSNS広告も人気です。
広告運用開始後、広告費の増額や他のWeb広告も導入したいと考えた場合、代理店が対応できるWeb広告のバリエーションが豊富だと、目的に合わせて最適な広告媒体を選びやすくなります。
よりお客様の実情に合わせた提案が受けやすくなります。

更に広告だけでなく、SEO対策やHPのリニューアル等、広告以外のソリューションにも対応ができる場合は更に提案の幅が広がるため、「どこまでの提案ができる会社なのか」は重要な要素です。

アカウントの開示ができるのか

定期的に提出されるレポート以外にも詳細な数字やデータ、広告設定を確認したいと考えた場合、アカウントの管理画面を確認する必要があります。
アカウントの開示ができない代理店もありますので、事前に確認しておくと安心です。

契約満了後、アカウントの受け渡しできるか

もしリスティング広告の成果が悪く乗り換えたいと考えた場合、それまでの運用実績の確認ができるかできないかで、乗り換え後の成果に差が出ます。
また、インハウス化も視野に入れているのであれば、アカウントの受け渡しができないということはせっかくお金をかけて蓄積したデータをみすみす手放すようなものなので、必ず把握しておきましょう。

Googleのクチコミの評価はどうか

Webで成果を出している企業でGoogleの口コミをおざなりにしている企業は少ないと考えます。
悪い口コミが1つや2つあっても違和感はないですが、割合が多い場合やそもそも総合評価が悪い場合は注意が必要です。

【ポイント2】料金体系を把握する

リスティング広告の運用を外注すると社内で決まった段階で、使用できる費用も決定する企業が多いです。
決められた予算内で広告運用を考えた場合、広告費以外にも運用代行手数料や初期費用なども計算しながら料金を見ていく必要があります。

運用代行手数料の割合はいくらか

リスティング広告の場合、業界平均は18~20%と言われています。
広告費の大きさによっては、手数料がそれ以下になる場合もあります。
企業によっては広告費として手数料も含む金額を請求している場合もありますので、実際に運用で使用される金額がいくらになるのかを事前に確認するようにしてください。
弊社の場合ですと、広告費と手数料は分けてご案内致しますので、実際にいくらの広告費が運用に使用されるのか明確です。
また、最初の3か月はお試しで広告運用代行手数料が8%となるプランもありますので、ご導入いただきやすい価格設定になっているかと考えます。気になった方はお気軽にお問い合わせください。

手数料8%~リスティング広告運用代行の詳細はコチラ

最低出稿金額はいくらか

広告運用費が月額100万円以上など、あらかじめ最低出稿金額を設定している企業があります。
弊社の場合は最低出稿金額の設定がない「少額運用プラン」があり、中には月5万円の広告費で運用しているお客様もいらっしゃいます。

初期費用はいくらか

広告の運用を開始するにあたり一番初めのアカウント開設や設定などに「初期費用」がかかる代理店もあります。初期費用は利用する広告媒体や、その数によって価格が決まることが一般的です。
弊社では現在初期費用は頂戴しておりませんが、知らないと手数料の他に思いがけず費用がかかることとなりますので、事前に確認することをおすすめします。

最低契約期間はいつまでか

短ければ1か月、長ければ1年で最低契約期間を設けている企業がありますが、最低契約期間が長すぎる場合は注意が必要です。
リスティング広告は比較的早く結果が出るため、早期で撤退を考えた場合、契約期間が長期だと続けざるを得ない状況となります。
反対に、契約期間が短い場合でも注意していただきたい点があります。
それはリスティング広告は運用しながら改善を行っていく広告であるため、あまりに短い運用期間の場合、成果が出ない可能性があるということです。
仮に1ヵ月間の運用で成果が出ない時でも運用を停止するべきではない場合もあります。リスティング広告は運用改善型の広告ですので、データを取って最適化を行っていく必要があります。そのため、最低契約期間が短い場合でも3ヵ月〜半年は運用を継続し、その中でしっかりと改善を行うための施策を実行していくことが重要です。

【ポイント3】対応してくれる担当者(運用者)の技量を見極める

リスティング広告は運用者の技量や時間の使用量によって、大きく成果が変わってきます。
どのような人物がどのような状況で広告運用に携わるのか、事前に確認しておきましょう。

窓口の担当と運用者は別なのか、同じなのか

窓口は営業担当が行い、広告運用は運用専門の担当者が行う会社が多いです。
窓口と運用者が別の場合、打ち合わせ内容の行き違いが発生してしまったり、細かいニュアンスが運用者まで届かないことがあります。
そのため、お客様の対応から広告の運用までを一気通貫して行ってくれる広告代理店が理想的と言えます。
弊社の場合でも窓口から運用まで全て同じ人物が担当しますので、打ち合わせの温度感を汲み取って運用することが可能です。意見交換もダイレクトに行うことができますので、運用への反映までの工数が少なく、早く反映が可能です。
また、打ち合わせ時には広告運用者の知見に基づいた解決策を直接お伝えすることができることもメリットと考えます。

Web広告の専業なのか、Webマーケティング全般なのか

Web広告代理店でも、Web広告のみを取り扱っている代理店とWeb広告以外にもSEO対策やホームページ制作、SNS運用など、Webマーケティング全般を取り扱う代理店があります。
自社内にWebマーケティングの知見を持っている人が在籍している場合は、Web広告の専業の代理店に依頼しても成果の良し悪しや予算を増やすべきかどうか、撤退すべきかどうかなどの判断ができますが、いない場合はいかなる判断が難しいため、Webマーケティング全般を取り扱っている代理店を選択する方が建設的です。

受け持っているアカウント数はどのくらいか

どんなに有能なリスティング広告運用者でも、受け持っているアカウントが多く、運用できる時間が限られている場合は成果に繋がりにくいです。
私の場合は窓口と運用両方とも担当しているので20社前後が限界と感じています。運用専門であっても40社以上だと危険信号が灯るイメージです。

得意な商材・サービスは何か

商材・サービスの特化型もあれば、オールラウンド型もあります。
特化型の場合は特定の業界の実績や知見がどこよりもありますが、オールラウンド型はお客様の業界+他業界の成功事例を流用するなど、施策のバリエーションの豊富さで成果に繋げられる強みがあります。
甲乙はつけにくいですが、どちらの型でも実績が間違いなければ相応の成果に繋げられると考えています。

レポートの形式や提出頻度、定期報告の内容はどうか

レポートと言っても会社によって形式が異なります。A4用紙1枚分の簡単な月間の数字のみという場合もあれば、日別・週別・月別の数字は勿論、コンバージョンに結びついたキーワードや検索語句のリストを一式にしている場合など、様々あります。
提出頻度も毎月1回だったり、3か月に1回の定期報告のときだけ提出だったり、こちらも様々あるので確認しておきましょう。
また、定期報告の内容も確認しておくことをおすすめします。
単なる報告ではなく、施策の提案がありPDCAを回せるフローとなっているかが重要です。

《無料相談受付中》リスティング広告についてお気軽にご相談ください

現在、リスティング広告代理店で運用しており、困っていらっしゃる企業様に朗報です。
「依頼している代理店が良くないかもしれない」
「依頼している代理店から乗り換えるべきか判断に迷っている」
などございましたら、S&Eパートナーズではセカンドオピニオンも承っております。

弊社では、豊富な実績を持つ広告運用者が在籍しており、常に前のめりでスピード感を持った対応を心がけております。
また、先述の通り窓口から運用まで一人が担当しておりますが、内容によってはチームで結束しながら改善施策を行っております。
お客様と伴走しながら成果に繋げていくことを第一に考えて広告を運用しておりますので、お気軽にご相談ください。

セカンドオピニオン以外にも、広告運用やWeb広告についてのご質問も受け付けております。
経験豊富なWebコンサルタントがご確認の上、最適な解決策をご提案いたします。

無料診断へのお申込みはコチラから

この記事の筆者

S&Eパートナーズ株式会社で、主にWEB広告の運用を行っております。日々お客様の成果を最大化できるよう思考を巡らせ対策しております。リスティング広告の最新情報や役立つ情報をキャッチアップし、発信していきます。

記事一覧へ戻る
集客大陸おすすめ記事
タグ別の記事一覧

必ず結果が出る!

“顔の見えるSEO会社”がコンテンツでアクセスアップをお約束します。