Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 85

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 88
2021年6月7月のコアアップデートに対応【E-A-T対策】「権威性」を高める3つの方法を解説!|大阪SEO対策サポート - S&Eパートナーズ株式会社
Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 41

menu

0120339888

課題発見・無料診断はコチラ

SEO対策,ホームページ制作に迷ったら課題発見相談窓口へ!

    

SEO対策について

RSS

2021年6月7月のコアアップデートに対応【E-A-T対策】「権威性」を高める3つの方法を解説!

2021年6月7月のコアアップデートに対応【E-A-T対策】「権威性」を高める3つの方法を解説!

2021年6月3日と7月1日に、Googleは「コアアルゴリズムアップデート」の実施についてリリースしました。こちらの記事では、コアアルゴリズムアップデートの傾向と順位が下がったサイトの対策をまとめました。ポイントは「権威性」です。その内容をSEOコンサルタントが分かりやすくお伝えします。

Googleコアアップデートとは?

Googleのコアアップデートとは、Googleが検索アルゴリズムを定期的に見直し、検索結果を大規模に改良することを指します。

Googleの検索アルゴリズム自体はよりユーザーの満足度を向上させるため日々改良されていますが、検索結果を大規模に改良するのは年に数回(2回〜4回ほど)です。それをコアアップデートといい、サイトのジャンルなどによって様々ですが、その度に大きな順位変動が起きます。
また、その際に順位が大幅に下落すると「どこかおかしいのでは?」「早くなんとかして!」と思われる方が多いのですが、コアアップデート直後にサイトの順位が一時的に下がったとしても、ロールアップが完了すればもとに戻るケースもありますので、コアアップデート後1〜2週間程度は、慌てずに順位変動を注視する必要があります。

実際に順位が下がってしまった方は、以下のGoogle公式ガイドラインで確認すべき項目をご覧いただけます。
Google のコアアップデートについてサイト所有者が知っておくべきこと

今回のコアアップデートでより顕著になった権威性への評価

SEO対策において以前より重要とされていた「E-A-T」ですが、その中に「権威性」というものがあります。今回の2度のアップデートでは、その権威性の評価がより強くなったと考えられます。
もちろん、「権威性」だけではなく、「専門性」や「信頼性」などコンテンツの「質」を担保するために、充実させる項目は沢山あります。今回は「権威性」に焦点を絞ってお伝えしていきます。

権威性とは

コンテンツの内容だけではなく、「誰がそのコンテンツの発信源なのか」「なぜその人が言及すべきなのか」を重視するものです。

特に医療業界や金融業界などのYMYL領域において「権威性」の影響を大きく受けている傾向があります。YMYL領域では間違った情報が重大な事件や事故を起こしかねないため、個人の発信よりも病院やクリニックといった医療機関や、政府系サイトが発信するコンテンツが信頼性があると判断され、上位化されています。

今回のアップデートでは、医療機関ではない一般企業のサイトが2サイト上位に浮上しました。
しかしよく分析してみると、各記事に「実在する医師の監修」や「実際に医師が執筆している」といった情報が多く見受けられました。
このことからも、発信源であるサイトはもちろん大切ですが、「中身(1記事1記事)の品質(権威性や信頼性)」を評価できているのではないかと考えられます。
しかし、どのようにしてサイトの「権威性」を高めることができるのでしょうか。

そこで今回は、「権威性」を高めるための3つの方法をご紹介いたします。その他の「専門性」「信頼性」もご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

SEOにおいて「権威性」を高める3つの方法

SEOにおいて「権威性」を高める3つの方法は次の通りです。

著者名・運営会社名を開示する

「権威性」は、「誰がそのコンテンツの発信源なのか」を重要視しております。そのため、サイト上に著者名や運営会社名を開示することで「権威性」を高めることが出来ます。

また、YouTubeやTwitter・InstagramなどのSNSで、ある程度影響力を持っていると著者名や企業名があるというだけで、ユーザーやGoogleは有益な情報を発信していると認識し、「権威性」を得ることができます。

ドメインパワーの強いサイトから被リンクをもらう

「権威性」を高める方法として、ドメインパワーの強いサイトから被リンクを獲得することです。ドメインパワーについては「ドメインパワーがSEOに及ぼす影響は?良質なコンテンツの重要性について」にて詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

すでにGoogleから評価を得ているサイトから被リンクを獲得すると、「権威性」アップへとつながります。特に、政府系サイトは非常に信頼されており、Googleから評価が高いサイトであるため、政府系サイトからの被リンクを獲得することができれば、Googleから「権威性のあるサイト」と評価される可能性が上がり、上位化される傾向にあります。

しかし、被リンクを獲得するためにはしっかりと良いコンテンツ発信を行わなければなりません。良いコンテンツを作ることで、「このサイトは参考になりますよ」と紹介され、被リンク獲得することができます。

関連記事
被リンクはSEOに効果はあるの?コンテンツが最重要! 被リンク獲得方法をご紹介

サイテーションを獲得する

サイテーションとは、ネットやSNS上で個人名、企業名、店舗名、サイト名などを他者から言及されることです。他サイトのブログやSNSでお店や企業の商品・サービスについて言及されると、サイテーション効果を得られ、それをGoogleが評価をします。

そのため、他の人が拡散したくなるような商品・サービスの提供は非常に重要なのです。

ここまで、「権威性」の高め方についてご紹介いたしました。「権威性」は一朝一夕で得られるものではございません。ご紹介いたしました3つを継続的に実施していくことで、Googleから評価され始めます。「権威性」を高めるために継続的なコンテンツ発信や良質な商品・サービスの提供等を行っていきましょう。

SEOは「権威性」を高めるだけではない!【E-A-T対策】

冒頭でもお伝え下通り、E-A-Tには「権威性」のほかにも「専門性」「信頼性」があります。ここでは、これら2つの高め方についても簡単にご紹介いたします。

専門性を高める

専門性を高める方法は次の通りです。

  • サイトのジャンルを特化する
  • 一次情報を伝える
  • 専門知識の質だけではなく、量も高める

「サイトのジャンルを特化する」については、複数のジャンルを1つのサイトにまとめてしまうと、何を発信しているサイトなのかが分かりにくくなります。そのため、ジャンルは特化しておくことをおすすめいたします。

「一次情報を伝える」では、体験談や実際にその業界で働いているからこそ知ることができる情報を発信します。一次情報を発信すると「信頼性」アップにも繋がります。

「専門知識の質だけではなく、量も高める」では、情報の質ももちろん大事ですが、その分野に関する情報量も大事であるということです。ある分野の専門知識を一部分発信しているより、その分野について幅広く情報発信している方が信頼性が高まります。

信頼性を高める

「信頼性」を高める方法は次の通りです。

  • 著者名・運営会社名を開示する
  • 編集ポリシーを公開する
  • 信頼性の高いサイトから情報を引用する

「著者名・運営会社名を開示する」は「権威性」だけではなく「信頼性」を高める方法です。サイト運営されている方は必ず著者名、もしくは運営会社名を開示しましょう。

次に編集ポリシーとは、どのような方向性・ゴールを目指してコンテンツを運営しているかといった「メディアの理念」のことです。編集ポリシーを公開すると、ユーザーやGoogleにどんな運営元なのかを理解されやすくなり、信頼性につながります。

最後に「信頼性の高いサイトから情報を引用する」では、厚生労働省や公式サイトから情報を引用することを意味します。信頼性の高いサイトからの情報の引用することでユーザー・Googleともに「信頼性」アップに繋がります。

「E-A-T対策が難しい…」そんなときはSEO対策のプロにご相談を

ご紹介いたしました、「専門性」「権威性」「信頼性」を高めることは一朝一夕ではできることではありません。また、「E-A-T対策」を行えば必ず上位化されるということもありませんので、注意しなければなりません。

そのため、テクニカルSEOやユーザービリティが考えられたサイト構成やコンテンツ追加等を行い、上位化を目指さなければなりません。しかし、こういったSEO対策をしていくには、何がサイトの課題なのかを知る必要があります。

そんな方におすすめなのがSEO対策無料診断です。SEO対策無料診断では、SEO対策無料診断では、以下のような視覚的に改善箇所がわかるバブルチャートや、各改善箇所の順位への影響度が記載されたSEO対策無料診断資料をお送りいたします。

SEO対策無料診断結果

ご希望のキーワードとサイトをお伝えいただけましたら、S&Eパートナーズが診断内容を基に、具体的な改善施策を別途資料でお送りいたします。資料を参考に改善を実施してみたり、「自社ではこれ以上のSEO対策は難しそうだな」と思われたなら、そのままSEO対策のご依頼をしていただいても問題ございません。

お電話・ZOOMにて口頭にて詳しくご説明することも可能です。下記のリンク先からお問い合わせいただきましたら、最短30分で返信いたします。ぜひお問い合わせ下さい。

SEO対策無料診断はこちら

YMYL領域ではE-A-T対策が特に重要になる

ここまでE-A-Tについてご紹介いたしましたが、YMYL領域では、特にE-A-Tは重要視されております。「Your Money or Your Life」とは、の略称で「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」とされています。

例えば、医療・金融・法律・ニュースなどがYMYLに当てはまります。ご紹介したような業界は人々の人生に影響するため、情報に「専門性」「権威性」「信頼性」が重要視されるというわけです。

E-A-T対策がされていないと、Googleアップデートの影響で順位が下落するといったことがあります。S&Eパートナーズでは、Googleアップデートの影響による順位下落からの回復事例がございます。アップデートの影響で順位下落されたという方は、ぜひお問い合わせください。原因を追及し、解決へのご提案をいたします。

お問い合わせはこちら

関連記事
【医療サイトSEO成功事例】アルゴリズムアップデートで順位回復した病院サイトの対策方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。「権威性」を高めるための3つの方法をご紹介いたしましたが、その他の「専門性」「信頼性」も合わせて高めていかなければなりません。また、E-A-T対策だけではなく、しっかりとSEO対策を実施することで上位化することができます。

S&Eパートナーズでは、医療やクリニックといったE-A-Tが重要とされるサイトの上位化実績がございますので、安心してお問い合わせいただけますと幸いです。医療・クリニックや法律などのサイトで「Googleアップデートの影響で順位が下落してどうしたらいいのかわからない」といったお悩みがございましたら、まずはSEO対策無料診断をぜひご利用ください。E-A-T対策を考慮したSEO対策診断と上位化に必要なご提案を致します。

SEO対策無料診断はこちら

関連記事
被リンクはSEOに効果はあるの?コンテンツが最重要! 被リンク獲得方法をご紹介
ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いとは? 正しいSEO対策について解説!

来店できるSEO対策窓口・無料相談・見積もり 先ずは課題を発見します。ご相談はこちら!

この記事の評価:12345

Loading...

この記事の筆者

yoshida

S&Eパートナーズ株式会社でSEO対策をメインにホームページ制作のディレクションやWeb集客コンサルティングを行っております。 【WEB業界からラブ&ピースをお届けするために】これまでの経験で培ったお客様との対話、ヒアリング力を活かし明確な課題を発見し、突破するための提案に努めてまいります。 休日は音楽・映画・お酒、そして何より「人」との交流でリフレッシュしております! WEB集客の課題を抱えておられるご担当者様。是非一度S&Eパートナーズにご相談ください。当事者意識を持ち課題解決までを最短距離で提案いたします。

医療メディカルSEO対策

Webマーケティング 顧問プラン

高品質取材型ライティング・コンテンツ作成サポート

SEOに強いホームページ制作 製作実績はこちら

MEO対策 Googleマップで集客力アップ! 完全成果報酬

安くて早い!一律2,980円でバナー作成

SEO対策のセカンドオピニオン

お問い合わせ

 

close