Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; HSM_Module has a deprecated constructor in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/models/modules.php on line 24

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; HSM_ModuleManager has a deprecated constructor in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/models/modules.php on line 63

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; HS_SiteModule has a deprecated constructor in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/models/site.php on line 24

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; HS_SiteManager has a deprecated constructor in /home/seo-best/seo-best.jp/public_html/blog/wp-content/plugins/headspace2/models/site.php on line 60
Webマーケティングとは?【初心者向け】基礎知識や主な施策を簡単に解説!|大阪 S&Eパートナーズ株式会社

BLOG

Web集客ノウハウ
投稿日 : 2023/02/21 更新日 : 2023/09/25

Webマーケティングとは?【初心者向け】基礎知識や主な施策を簡単に解説!


Web集客ノウハウ

監修 :

Webマーケティングとは?【初心者向け】基礎知識や主な施策を簡単に解説!

「Webマーケティングは、どのようなことをやればいいのだろうか」
「Webマーケティングで、売上を伸ばしたい」

経営者の方で、そのようなお悩みを抱えていませんか?

インターネットの普及やコロナ禍の影響で、Webマーケティングは、小規模な個人事業主から大企業まで、あらゆるビジネスに必要不可欠な手法となりました。

この記事では、Webマーケティングの基礎を知りたい経営者の方向けに、Webマーケティングの概要や今後の重要性、さらに主なマーケティング施策のメリット・デメリットを解説しています。

この記事を読み終わった頃には、Webマーケティングの基礎知識が覚えられます。

Webマーケティングの基礎知識を知りたい経営者の方は、ぜひ参考にしてください。

▼この記事のまとめ

  • Webマーケティングとは、webを活用して消費者や顧客を集め、商品やサービスが売れる仕組みをつくること
  • webが人々の生活に欠かせないインフラになっているために、Webマーケティングは今後も重要になる
  • Webマーケティングは、リアルタイムでのデータ分析ができ、コスト効率が高い
  • 自社ホームページを検索結果の上位表示させたい場合は、SEOがおすすめ
  • 自社商品と関連性があるキーワードが検索されたときに表示させたい場合は、リスティング広告がおすすめ
  • SNSで多くの顧客に自社商品を認知させたい場合は、SNSマーケティングがおすすめ
  • ユーザーに役立つ情報や面白いコンテンツを作り自社のファンを増やしたい場合はコンテンツマーケがおすすめ
  • ユーザーにメールを配信して自社の商品やサービスを販売促進したい場合は、メールマーケがおすすめ
  • 有名なメディアサイトにて自社商品を販売してもらいたい場合は、アフィリエイトマーケがおすすめ

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、インターネットを活用して消費者や顧客を集め、商品やサービスが売れる仕組みをつくることです。

従来のように営業や販売員が直接売り込まなくても、WebサイトやSNSなどで情報発信することで消費者や顧客を集客し、商品購入に繋げていくことが最大の特徴となります。

今やインターネットには多くの情報があり、自社の商品やサービスが埋もれてしまう可能性も高いのが現状。とくに競合が多い業界では、同じような商品やサービスを提供する会社がたくさんあるために、自社の情報を目立たせるにはWebマーケティングが必要です。

自社の商品やサービスを多くの顧客に見つけてもらうために、主に下記のようなWebマーケティング施策を行います。

  • 自社ホームページを検索結果の上位表示させる(SEO)
  • 自社商品と関連性があるキーワードが検索されたときに広告を表示させる(リスティング広告)
  • SNSから自社ホームページに誘導させる(SNSマーケティング)
  • ユーザーに役立つ情報や面白いコンテンツを作って、自社のファンを増やす(コンテンツマーケティング)
  • ユーザーにメールを配信して自社の商品やサービスを販売促進する(メールマーケティング)
  • 有名なメディアサイトにて自社商品を販売してもらいたい(アフィリエイトマーケティング)

さらにインターネット上でPDCA(計画→実行→評価→改善)を繰り返すことで、業務の改善が継続的に実現され、自社の業績向上につながることが期待できます。

Webマーケティングは、検索エンジンやSNSなどを使って、ターゲット層に商品やサービスに関する情報を効果的に発信することで、企業のブランド価値や売上を向上させることを目的としています。

Webマーケティングが今後も重要になる3つの理由

Webマーケティングが今後も重要になる3つの理由は下記のとおりです。

  • 多くの人々がオンラインで商品やサービスを探している
  • リアルタイムでのデータ分析が可能
  • コスト効率が高い

多くの人々がオンラインで商品やサービスを探している

現代社会では、多くの人々がインターネットを利用して商品やサービスを探しています。総務省家計消費状況調査によると、2022年度の2人以上世帯のネットショッピング利用率が5割を突破していたことを公表しました。



引用:総務省統計局

インターネットが人々の生活に欠かせないインフラになっている昨今。スマートフォンやタブレットなどの普及に伴って、Web上で情報収集を行う人が急激に増加しています。

これまでは新聞やテレビ、ラジオなどが主流であったマーケティング手法ですが、誰でも手軽にインターネットを利用できる現代においては、今後もますますWebを活用したマーケティングが主流になっていくと推測できるでしょう。

リアルタイムでのデータ分析が可能

Webマーケティングでは、リアルタイムでのデータ分析が可能です。

自社ホームページのアクセス解析やSNSのフォロワー数、広告クリック数など、さまざまなデータを取得し、リアルタイムで解析することができます。また、ユーザーの行動や嗜好に関する情報も収集できるため、それを元に、より効果的なマーケティング戦略を立てることが可能です。

さらに、データをリアルタイムで分析することで、早期にトレンドや問題点を把握し、素早く対策を講じることもできます。リアルタイムでのデータ分析は、Webマーケティングにおいて非常に重要な要素の一つであり、今後のビジネスの成功の鍵となることが期待できるでしょう。

コスト効率が高い

Webマーケティングは、従来のマーケティング手法と比べてコスト効率が高いため、現代のビジネスにはかかせません。

Webマーケティングのコスト効率が高い理由として、以下の点が挙げられます。

  • 広告のターゲティングが容易であるため、より的確にターゲット層を絞り込める
  • 広告配信先を限定することができるため、無駄な広告費を抑えられる
  • データ分析によって、広告効果をリアルタイムで把握し、改善することができるため、無駄な出費を抑えられる
  • WebサイトやSNSなどを利用するため、従来のテレビCMや新聞広告などと比べ、制作・配信コストが低い

Webマーケティングで、自動的に顧客を獲得できる仕組みをつくることができれば、販売員やテレアポにかかる人件費やチラシの印刷費用などを抑えることが可能です。

ウェブサイトやSNSを使ったプロモーションや販売活動は、コストが比較的低く、手軽に参入することできるために中小企業や個人事業主のWebマーケティングが、今後増えてくることが予想されます。

Webマーケティングの6つの施策を解説!

今回、解説するWebマーケティング業務は下記の6つです。

SEO(検索エンジン最適化)

SEO

SEOとは、見込み顧客が多く検索しているキーワードで自社ホームページを上位に表示させる施策です。一般的に検索されるキーワードで上位表示ができれば、新規顧客の開拓も見込めます。

ただし、自社ホームページが競合サイトよりも上位に表示されるようにするために、タイトルやキーワード、リンクなどに注意して顧客に有益なコンテンツづくりが必要で、専門的な知識を要することが多いです。

SEOは、競合が激しい業界や特定の市場での知名度を高めるためなど、長期的な視点でのマーケティングに適しています。また自然検索からの流入は、課金広告よりも信頼性が高く、効率的なコンバージョンにつながることが多いのも特徴のひとつです。

適切なSEO対策が出来ていないと、自社の商品やサービスを検索しても検索結果に表示されません。検索結果で上位表示をさせたい経営者はSEO対策を検討してみましょう。

SEO(検索エンジン最適化)のメリット

SEO(検索エンジン最適化)のメリット

SEO(検索エンジン最適化)のメリットは、SEOによって自社ホームページが検索結果の上位に表示されるため、ユーザーの流入が増加し、多くの見込み顧客を獲得できます。

さらに、検索意図にマッチするコンテンツを提供することで、ユーザーの満足度が向上し、競合他社との差別化やブランド価値向上も見込めるでしょう。

SEOは、広告費をかけずに効果的なマーケティングが可能であり、ロングテールキーワードによるターゲット層へのアプローチやWebサイトの質の向上、アクセス解析を通じた改善点の発見なども期待できます。

SEOで検索結果の上位表示ができれば、長期的な利益を享受できる可能性が高いのもSEOの魅力といえるでしょう。

SEO(検索エンジン最適化)のデメリット

SEO(検索エンジン最適化)のデメリット

SEO(検索エンジン最適化)のデメリットは、SEOの効果が得られるまでには時間と労力がかかることです。

コンテンツを公開してから検索エンジンに登録されるまでに、3か月〜6か月かかるといわれています。さらにSEOの効果が得られるまでには、1年以上かかることも珍しくありません。

また、SEOは検索エンジンのアルゴリズムに大きく依存しており、アルゴリズムの変更によっては、これまでのSEO効果が低下する可能性もデメリットのひとつ。また、競合環境の変化によっても効果が変わることがあります。

過剰なSEO対策や不適切な手法は、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。ペナルティを受けると、自社ホームページのランキングが大幅に低下し、復旧するまでには時間と労力が必要になるので、ためにおこなわないようにしましょう。

SEOはコンテンツ制作や技術的な改善など多岐にわたるため、十分な知識や経験が必要です。適切な知識と経験を持った専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

リスティング広告

リスティング

リスティング広告とは、インターネット上の検索結果ページに表示される広告のことです。

検索エンジンに特定のキーワードを入力すると、関連する広告が表示されます。たとえば「ベビー服」と検索すると、検索結果ページに「ベビー服を販売しているオンラインショップ」の広告が表示されるでしょう。

広告主は、自社の商品やサービスが欲しい顧客が検索するであろうキーワードに入札し、最も高い入札額を出した広告が上位に表示されます。リスティング広告を利用することで、広告主はより多くの顧客に商品やサービスを知ってもらうことが可能です。

リスティング広告は、検索ワードや広告掲載場所などの条件に応じて、表示される広告を制御することができるため、効果的なターゲティングができます。また、クリック数などの成果に応じた課金方式が一般的であり、広告効果を効率的に測定できる点も特徴の一つです。

【あせて読みたい:業界別推奨予算目安】

《派遣・求人業界》業界別推奨予算目安
《住宅トラブル・住宅施工業界》業界別推奨予算目安
《不動産業界》業界別推奨予算目安
《メーカー・製造業界》業界別推奨予算目安

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは、他のマーケティング施策に比べて、比較的早く成果を得ることができることです。

ターゲット層を絞り込んで広告配信が可能で、広告の表示タイミングや場所、表示順位を自由に設定できるため、明確に購入意向がある既存のターゲット層に対して効果的にアプローチができます。

さらに、リスティング広告は効果測定がしやすいため、広告の成果を定量的に把握することで広告の改善点を見つけ出し、最適な広告運用をおこなうことができるメリットもあります。

リスティング広告は、最低出稿金額がなく少額からでも出稿可能で、配信開始/停止がすぐにできるため、成果を見ながら臨機応変に運用が可能です。すぐに効果を出したい経営者よってはおすすめの広告といえるでしょう。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリットは、クリック課金型の広告は競合が激しく、とくに人気のキーワードは、広告費を増やさなければ広告の露出やクリック数を増やすことができないことです。

リスティング広告の知識がないまま運用をすると、意図せず高額な出費を招くことがあります。適正な費用で運用するためには、広告掲載のオークションに必要な入札価格やキーワードなど、それぞれの設定項目の詳細を理解しておく必要があります。

さらにリスティング広告は、ユーザーに対して広告が過剰に表示されたり、不適切なターゲティングによって広告の配信が誤っておこなわれることもあります。顧客のなかには広告を避ける方もいますので、広告表示が逆効果になってしまわないか検証が必要です。

リスティング広告は、設定が柔軟で自由度が高い反面、理解や調整に手間がかかることを知っておくことが大切といえるでしょう。

SNSマーケティング

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、ソーシャルメディアを利用して、自社の商品やサービスを広くアピールし、顧客との関係性を構築することを目的としたマーケティングです。

具体的には、Facebook、Twitter、Instagram、TikTokなどのSNSの拡散力を活用して、認知経路を拡大します。

自社の製品やサービスの情報を発信し、SNS上でユーザーと交流を深め、商品やサービスに対するフォロワーのニーズや嗜好を把握し、商品の開発やサービスの改善に反映することが可能です。

SNS上での広告展開もおこなえるために、ターゲットとなるユーザーに直接広告を配信し、購買意欲を高めることができます。

SNSマーケティングは、インフルエンサーやブロガーなどの影響力のある人々を活用して、より効果的に自社商品やサービスを宣伝できることも大きな魅力といえるでしょう。

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングのメリットは、リアルタイムでの情報伝達が無料ででき、広い層に向けて広告を展開できることです。

SNS上では口コミやシェアなどの機能があり、自社側で広告配信をおこなった場合でも、ユーザーによって拡散されることで、より多くの顧客に商品やサービスをリアルタイムに知ってもらうことができます。

さらに、SNSはユーザーの行動履歴や趣味嗜好などを収集しているため、ターゲット層に向けた効果的な広告運用が可能です。

SNS上では自社とユーザーとのコミュニケーションが容易であり、顧客との関係性を構築できます。顧客との対話を通じて、商品やサービスについてのフィードバックを得られ、商品やサービスの改善につなげることができるでしょう。

SNSマーケティングのデメリット

SNSマーケティングのデメリット

SNS上では情報が流れる速度が非常に速いため、自社が発信する情報が、予期せぬ形で拡散され、自社のイメージにマイナスの影響を与える可能性があります。また、SNS上では口コミが非常に重要であり、不満やクレームが拡散されることで自社の評判が下がりかねません。

さらに、SNS上では広告に対する抵抗感が強く、ユーザーが広告を無視する傾向があるため、効果的な広告運用が困難であることもデメリットといえるでしょう。

また、SNSはプラットフォーム毎に特色が異なるため、どのプラットフォームでどのようなコンテンツを発信するかによって、戦略が大きく異なります。そのため、複数のプラットフォームを把握する必要があるため、運用には時間やコストがかかることもあるでしょう。

SNSマーケティングをおこなう前に、一度、専門家に相談してみることをおすすめします。

メールマーケティング

メール

メールマーケティングは、あらかじめ用意した顧客リストに対して、メールを配信して顧客とコミュニケーションを通じて信頼を築き、販売につなげるマーケティング手法です。

顧客が興味を引くタイトルやコンテンツを含んだメールを作成し、メールを定期的に配信することで、消費者の興味を引き、商品やサービスに関心を持たせることができます。

メールマーケティングでは、受信したメールに対して顧客は反応を示す傾向があります。顧客の反応を分析することで、商品やサービスに対する顧客のニーズや嗜好を把握でき、戦略施策の精度を効率的に高めることが可能です。

顧客の属性に応じて、メールの内容や配信のタイミング、配信頻度などを設定できるため、低コストで顧客獲得につながる有効なマーケティング手法のひとつといえるでしょう。

メールマーケティングのメリット

メールマーケティングのメリット

メールマーケティングは、顧客との直接的なコミュニケーションができることが大きなメリットです。さらに顧客の属性や購買履歴などを元に、ターゲットに合わせた情報で効率的なアプローチができます。

また、メールマーケティングは、コストが比較的低いこともメリットの一つです。大量のメールを一斉送信することができ、印刷や郵便料金などのコストもかからないため、効率的なマーケティングができます。

メールマーケティングのデメリット

メールマーケティングのデメリット

メールマーケティングのデメリットは、送信したメールがスパム扱いされる可能性があることです。顧客がメールを不要と感じた場合、自社のメールアドレスがブロックされることも少なくありません。

自社が不適切なメールを送信した場合、顧客は自社の信頼性を低く評価することもあるでしょう。

メールマーケティングは、顧客に一度だけ送信してもすぐに効果が出るものではありません。コンテンツを常にタイミングよく配信し続けるための中長期的な運用が必要です。
メールマーケティングを検討している経営者は、中長期的に運用できる体制づくりを心がけましょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツ

コンテンツマーケティングは、ユーザーにとって興味深く魅力的なコンテンツを制作し、顧客の関心を引き付け、信頼感を築くマーケティング手法です。

自社の専門知識や業界の情報を提供するブログやニュースレター、ビデオコンテンツ、SNSの投稿などを作成し、それらを顧客に提供することで、興味を引き、自社の商品やサービスに関心を持たせることが目的です。

コンテンツマーケティングは、SEO対策やSNSでの拡散にも効果的であり、顧客からの反応を分析することで、さらなる改善や戦略の修正ができます。

コンテンツマーケティングは、消費者と企業の関係を深めることで、長期的な顧客獲得につながる有効なマーケティングのひとつです。

コンテンツマーケティングのメリット

メールマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングは、自社の信頼性を高められることがメリットです。有用な情報を提供することで、自社は専門知識を持っていることを示し、顧客からの信頼を獲得することができます。

また、コンテンツマーケティングは、SEOにも効果的。有用なコンテンツを提供することで、自社のウェブサイトのランキングを上げることができ、顧客に企業を見つけやすくすることができます。

さらに、コンテンツマーケティングは、顧客の関心を引きつけ、コンバージョン率の上昇が期待できます。有用な情報を提供することで、顧客が企業の製品やサービスに興味を持つようになり、購買意欲を高めることができるでしょう。

コンテンツマーケティングのデメリット

メールマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングは、効果が現れるまでに時間がかかることがデメリット。コンテンツを作成して公開することで、自社のSEOのランキングを上げることができますが、コンテンツを作成することは時間や労力を要するため、効果が現れるまでには長い期間が必要な場合があります。

また、コンテンツマーケティングは、正しいアプローチを取らなければ逆効果にもなりかねません。コンテンツマーケティングは、有用な情報を提供することが目的ですが、自社が提供する情報が間違っている場合は信頼性が失われることがあります。

さらに、コンテンツマーケティングは、高いコンバージョン率を上げることもできますが、具体的な数値を把握することは難しいため、効果の測定が難しいのもデメリットのひとつです。

アフィリエイトマーケティング

アフィリエイト

アフィリエイトマーケティングは、商品やサービスを提供する自社とアフィリエイトパートナー(メディア運営者)が協力して行うマーケティング手法です。

アフィリエイトパートナーが自身のウェブサイトやブログなどで、協力会社自社の商品やサービスを紹介し、それに対して報酬を受け取ることで成立します。

具体的には、アフィリエイトパートナーが協力会社自社の提供する広告バナーやリンクを自身のサイトに掲載し、そのリンクから商品やサービスを購入した場合に報酬が発生します。報酬は、商品やサービスの販売数やクリック数に応じて決定される場合があります。

アフィリエイトマーケティングは、自社の商品やサービスを多くの人々にアピールするために有効な手段のひとつです。

アフィリエイトマーケティングのメリット

アフィリエイトマーケティングのメリット

アフィリエイトマーケティングのメリットは、自社にとってコスト効率が高い点が挙げられます。アフィリエイトパートナーに報酬を支払う費用は、商品やサービスの広告費用に比べて低いため、費用対効果が高いです。

また、アフィリエイトマーケティングは、自社にとってのリスクが低いという点も大きなメリットです。アフィリエイトパートナーは、商品やサービスを実際に販売するために、自己責任において努力するため、自社はリスクを抱えずに販売を拡大することができます。

アフィリエイトパートナーは、商品やサービスを紹介することで報酬を受け取ることができる仕組みになっています。関係を深めることで、アフィリエイトパートナーのメディアサイトで自社商品を多く紹介してくれる可能性があるので、収益拡大にもつながる可能性もあるでしょう。

アフィリエイトマーケティングのデメリット

アフィリエイトマーケティングのデメリット

アフィリエイトマーケティングには、アフィリエイトパートナーによる不正行為のリスクがあることが挙げられます。自己利益を追求するために、商品やサービスを紹介する際に不正な手法を用いる可能性もあるでしょう。

自社はアフィリエイトパートナーを厳密に管理し、不正行為を防止するために多くの時間とリソースを費やさなければならない場合があります。

また、アフィリエイトマーケティングは、自社とアフィリエイトパートナーとの間に、契約や報酬などの細かい取り決めが必要となるため、手続きが煩雑になることもデメリットに挙げられます。報酬の支払いに関するトラブルが発生することもあるため、自社側は契約や報酬の管理について細心の注意を払うようにしましょう。

Webマーケティングを始める基本的な手順を解説

Webマーケティングを始める基本的な手順は以下のとおりです。

  • 1.目的設定:まずは、Webマーケティングを行う目的を明確にします。たとえば、商品の販売促進やサービスのブランディングなどです。
  • 2.ターゲット層の設定:自社のターゲット層を設定します。誰に向けてWebマーケティングを行うのかを明確にすることが大切です。
  • 3.チャネル選定:Webマーケティングには、Webサイト、SNS、メールマガジン、広告、SEO対策など、様々なチャネルがあります。自社のターゲット層に合わせて最適なチャネルを選定しましょう。
  • 4.コンテンツ作成:選定したチャネルに合わせたコンテンツを作成します。商品の説明やブログ記事、動画コンテンツなど、ターゲット層に合わせたコンテンツを作成しましょう。
  • 5.分析・改善:Webマーケティングを行う過程で、データの収集・分析が重要です。成果を確認し、改善点を洗い出し、継続的に改善を行いましょう。
    • 上記はWebマーケティングを始めるための基本的な手順です。ただし、実際にはより詳細なプランニングや実行が必要になることは、念頭においておきましょう

      Webマーケティングを行う際に注意する4つのポイント

      Webマーケティングを行う際に注意する4つのポイントは、下記のとおりです。

      • 目標やターゲット層を明確にする
      • コンテンツの質を向上させる
      • データ分析を行う
      • 専門家のアドバイスを受ける

      目標やターゲット層を明確にする

      Webマーケティングにおいて、明確な目標やターゲット層を設定することは、効果的なキャンペーンや戦略を立てる上で非常に重要です。

      明確な目標やターゲット層を設定することで、ターゲット層に合わせた最適な広告配信やコンテンツの提供が可能になります。また、ターゲット層のニーズや興味に合わせたアプローチで自社サービスの特徴や強みを明確に伝え、他社との差別化を図ることで、顧客の獲得やロイヤルティの向上につながります。

      Webマーケティングをおこなう場合は、事前に目標やターゲット層を明確にすることが成功に欠かせない要素であるといえます。

      コンテンツの質を向上させる

      Webマーケティングでは、コンテンツの質を向上させることが大切です。
      コンテンツの質を向上させることは、検索エンジン上位表示やコンバージョン率の向上につながります。

      検索エンジンは、ユーザーが求める情報を提供することを目的としており、検索結果の上位に表示されるコンテンツは質が高いと判断されます。また、質の高いコンテンツは、ユーザーに有用な情報を提供することができるため、顧客からの評価が高くなり、コンバージョン率が向上することが期待できるでしょう。

      Webマーケティングにおいては、コンテンツの質を向上させることが、効果的な集客や顧客獲得につながる重要な要素です。

      データ分析を行う

      Webマーケティングでは、マーケティングの成果を必ずデータ分析を行うことが重要です。

      データ分析により、コンバージョン率やアクセス数、売上高などの数字を把握し、サイトの改善点や目標とする成果を達成しているかどうかを判断することができます。

      また、しっかりとデータ分析をすることで、無駄な広告費を使い、効果のない広告に多額の費用をかけてしまうこともありません。

      アクセス解析ツールを利用し、ユーザーの動きやコンバージョン率、クリック率などデータ分析に基づいた施策を行うことで、失敗しない効果的なマーケティングを実現することができます。

      専門家のアドバイスを受ける

      Webマーケティングをおこなう際は、専門的な知識を必要とするケースが多いために、専門家にアドバイスを受けることで失敗のリスクを下げることが可能です。

      専門家は、多くの経験や知識を持っており、最新のトレンドや戦略に詳しいため、自社の知識だけでは気づかなかった視点やアイデアを提供してくれます。

      さらに専門知識や経験に基づいた最新の情報を短時間で得られるため、自社で独学で学習を行うよりも迅速かつ効果的に成果を上げることが期待できるでしょう。

      Webマーケティングを検討している場合は、一度、私たちのような専門家に相談してみることをおすすめします。

      Webマーケティングに関するよくある質問

      ここからWebマーケティングに関するよくある質問を紹介します。

      Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは?

      Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは下記のとおりです。

      • デジタルマーケティングは、デジタル技術を活用して商品やサービスを販売するためのマーケティング全般
      • Webマーケティングは、WebサイトやSNSなどのインターネット上でのマーケティングに特化したもの

      デジタルマーケティングはWebマーケティングを含む広範囲の概念であるため、Webマーケティングはデジタルマーケティングの一部と捉えることができます。

      また、デジタルマーケティングには、Webマーケティング以外にも、モバイル広告やデジタルサイネージなど、インターネット以外のデジタル技術を用いたマーケティング手法も含まれます。
      デジタルマーケティングという広義な概念の中に、Webマーケティングが内包されているイメージです。



      Webマーケティングは独学で学べる?

      Webマーケティングは独学でも学ぶことはできますが、独学で学ぶことはおすすめできません。

      Webマーケティングは総合的な知識が必要であり、SEOや広告運用、コンテンツ制作など、多岐にわたる分野にまたがります。独学だけでは体系的な知識を得ることが難しく、不足したマーケティング知識で実践しても、効果的なマーケティングを行うことができない可能性があります。

      また、Webマーケティングは常に変化しており、最新のトレンドやアルゴリズムなどにも追随する必要があるため、専門家から得られる最新の情報をキャッチアップすることが大切です。
      独学だけで勉強しようとせず、専門家からアドバイスを受けたり、研修などで体系的に学習することを検討してみましょう。

      Webマーケティング|まとめ

      今回はWebマーケティングの基礎知識を解説しました。

      ▼この記事のまとめ

      • Webマーケティングとは、webを活用して消費者や顧客を集め、商品やサービスが売れる仕組みをつくること
      • webが人々の生活に欠かせないインフラになっているために、Webマーケティングは今後も重要になる
      • Webマーケティングは、リアルタイムでのデータ分析ができ、コスト効率が高い
      • 自社ホームページを検索結果の上位表示させたい場合は、SEOがおすすめ
      • 自社商品と関連性があるキーワードが検索されたときに表示させたい場合は、リスティング広告がおすすめ
      • SNSで多くの顧客に自社商品を認知させたい場合は、SNSマーケティングがおすすめ
      • ユーザーに役立つ情報や面白いコンテンツを作り自社のファンを増やしたい場合はコンテンツマーケがおすすめ
      • ユーザーにメールを配信して自社の商品やサービスを販売促進したい場合は、メールマーケがおすすめ
      • 有名なメディアサイトにて自社商品を販売してもらいたい場合は、アフィリエイトマーケがおすすめ

      今後Webマーケティングを検討している経営者は、自社にあったWebマーケティングを検討してみましょう。

      門田 雅史
      門田 雅史
      監修者からひと言
      近年、S&EパートナーズにはWebマーケティングの戦略から考えてほしい。というご相談が増えています。増えた要因の一つは、手法ごとの集客チャネルも多様化してきたことが考えられます。
      また、サービスや、製品、企業の体制によっても有効な手段が異なるため、「何を」「何から」「何時」したら良いかが分からないのです。
      Webマーケティングを行う際に注意する4つのポイントでもお伝えしていますが、やはり最初の戦略設計が何よりも大切です。これからweb集客に取り組みたい、または見直したとお考えの企業はぜひ一度、専門家にご相談ください。


この記事を監修

SEO対策サポートをメインにECサイトのコンサルティング・構築支援を行っています。全日本SEO協会1級、GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資)取得。ECサイトの運営経験で培ったマーケティングの課題解決力を生かし、成果に直結する提案に努めてまいります。

記事一覧へ戻る
集客大陸おすすめ記事
タグ別の記事一覧

必ず結果が出る!

“顔の見えるSEO会社”がコンテンツでアクセスアップをお約束します。